NEWS

真工藝

はじめて真工藝さんを訪れてからかれこれと5年ぐらいが経った。「真工藝」と書かれた大きなのれんをくぐり、大小さまざまなカゴに沢山入った手染めの縫いぐるみを見つけたときにとても胸が高鳴ったのが記憶に新しい。また、そこから徒歩で数分程度?のところにある石像でつくられた「陣屋福猫」の象もなんとも大きく、ボテっとしていて少し神秘的な雰囲気も漂わせていた。

終始手作りで形になるこれらの伝統工芸品を扱えることがとてもうれしいです。